石井のブログ2

ラジオDJ、ナレーターなど話す仕事とときどきレコメンド書き。音楽中心マイペースなブログ。

シンガポール!③街鳴り音楽編

 2泊3日のうち、観光は1.5日くらいのシンガポール旅。

短い時間でしたが、いろいろと街中を注意深く観察してみました。

 何度思っても、夜景がきれいだったな。

f:id:YukikoIshii:20180818003829j:image

 行く前から、気にしておこうと思ったのは、

「どんな音楽が流れているのかな?」ってこと。

 

チャンギ国際空港に降り立ったものの、

ホテルの場所も何となくしか把握していないダメ人間。

 

なんと言っても、一応買ったガイドブックは、

飛行機のキャビネットの仕舞ってしまい、

フライト中に、情報収集する計画もパァ。

 

まぁ、隣の席になった、マレー人のおじいちゃんが、

いろいろと話しかけてくれたので、本あっても、

読まなかっただろうから、結果オーライです。

オーライなのか?まぁ、いいや。

 

と、いうわけで、ホテルの名前しか分からないから、

タクシー乗って市街地へ。

一応、ホテルから市街地は3000円程度と

空港に案内があったので、

安心して乗ることができました。

 

タクシー乗って、一番良かったのは、

運転手さんが

ラジオをかけていてくれたこと!

 

ラジオは英語の放送のでした。

かかる音楽は、やっぱり定番な感じで、エド・シーランなど。

あとは、たぶん90年代の楽曲じゃないかな、雰囲気からすると、

そんな感じのものが流れていました。

 

夕方だったからか、イブニングショー的な雰囲気の放送で、

そこまで音楽が中心ではない番組でしたが。

サッカーの試合があるみたいで、その詳細を話していたり、

割とネタも雑多な感じでした。

 

ホテルについて、CDショップ大賞のために現地入りしていた

Y川さんと、晩御飯を食べにいきました。

道中でコンビニに寄ったけれど、そこでは何のBGMもなく、

日本でよくある、オリジナル番組のようなものもかかっておらず、

なんだか静かな感じがしました。

 

この日の夜は、クラークキー(Clark Quay)に行きました。

f:id:YukikoIshii:20180819000557j:image

このエリアは、シンガポール川を望む、日本でいうと、

天王洲みたいな立地に、おしゃれな飲食店やクラブ、ライブハウスが

立ち並ぶ場所です。

 

クラブは、R&Bが得意とか、Hip Hopが得意とか、

やっぱりハコによって特徴があるみたい。

入り口にお兄さんがいて、Welcome的な感じに呼び込みをしていました。

 

こちらも、まぁ割と良く聞く音楽を流して、

みんなで楽しむ、みたいな感じのところが多そうでした。

数が多く、ひしめいているので、だんだんクラクラして、

どこにも入らず。周りの様子を散策して終わりました。

 

クラブは行かなかったけど、

同じエリアにあるライブハウスには、

行ってみました。

CRAZY ELEPHANTというところなのですが、

ロックとブルースが得意なライブハウスです。

f:id:YukikoIshii:20180818004012j:image

いい感じの雰囲気。

下北沢とかよりも広くて開放的で、

大人が楽しめる感じが、非常にする空間。

ドリンクが、ノンアルでも1000円くらい。

このあたりも大人向けな感じがします。

 

以前に、DEEP PURPLEもライブをしたという、

伝説的な場所なのです。

 

ライブハウスというと、てっきり地下にあるのかと思えば、

パッと見、レストランのような感じ。

テラス席もあり、遮音とか防音のための壁もなく、

開きっぱなしで、お店入らなくても演奏聴ける感じでした。

 

この日は、22時からライブが始まるということで、

バンドがサウンドチェックしていましたが、

一向に始まる気配がない!
ちょっと音を鳴らしては、どっか行ってしまう。

ギターは来た、ドラムも来た、ベースもいるみたいだけど来ない。

 

なんなんだ…

多分、バンドメンバーの服装などから察するに、ハードロック系

バンドなのかな?って感じがしますが、なんでライブやらないんだ?

 とうとう痺れを切らせてしまい、ライブは見ずに帰りました。

 

エントランス・フィー取られないので、

ジュースだけ飲みに来た、

みたいな感じで終わりました…。

 

しょうがないので、肉骨茶を食べて、宿に帰りました。肉骨茶おいしかった。

 

翌日、有名な植物園、

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens By the Bay)に行きました。

f:id:YukikoIshii:20180818133412j:image

私が行ったときには、フラワーフェスティバルみたいな、

特別展が開催されていたようで、

飲食テントなども設置されていました。

 

飲食テントは、特別展のチケットがなくても入れるので

覗いてみましたが、フェスめしのような屋台が

たくさん出ていました。

まだ、お昼時でもないので、

人はそんなにいなかったのですが。

 

テント内で流れる音楽は、

エレクトリックが多めな感じでした。

クリーンバンディットの

「シンフォニー feat.ザラ・ラーソン」とかね。

 

でも、その後に、いきなりアデルが流れたり…

まぁ、エレクトリック要素多めですが、

ここ最近の流行りの音楽が雑多に流れている、

みたいな感じでした。

f:id:YukikoIshii:20180818133334j:image

こういったことは、どの国でも変わらないのかな。

といった感じです。

多くの人が来るところだし、音楽好きのために選曲して

曲をかけているわけでもないですからね。

 

ただ、ちょっと印象的だったのが、リトルインディアという

インド人街に行ったとき。

 

f:id:YukikoIshii:20180818003713j:image

ヒンズー教の寺院は、とても色鮮やかで美しかったです。

日本の神仏にも共通する神様もいて、興味深かったです。

 

お寺も興味深いのですが、このあたりに行くと、

街で鳴っている音楽は、インドの音楽でした。

インド映画でかかってそうな。

 

シンガポール多民族国家です。

イスラム系の人が住む場所に行けば、

もしかしたら、イスラム圏で聞くような音楽を

耳にすることができたのかも。

 

洋楽もありますが、中国系の人もたくさんいるので、

中華圏の音楽がかかっていることもありました。

 

そもそも街の看板、駅の表記も英語と中国語の併記。

中国語も英語も、両方話す人も多いし、

テレビも、中国語チャンネルもありました。

 

ただ、なかなか街鳴りで

J-POPを耳にすることは出来ませんでした。

 

余談ですが、道すがら見つけたモスク。

とってもきれいでした!

f:id:YukikoIshii:20180818004127j:image

 

さて。

日本の曲を聴くことは、なかなかなかったけれど、

JAPAN PARK SINGAPOREに来場していた現地の人は、

日本の音楽もよくご存じでした。

 

CDショップ大賞を受賞した、宇多田ヒカルも、

米津玄師も、BABY METALも知っているとのこと。

 

あと、ステージでライブを行った、

三味線デュオのKUNI-KENさんが、津軽三味線でアレンジした

「千本桜」を演奏したら、みんな日本語で歌えていました。

歌のチカラって凄いなと、改めて思いました。

 

それから、私が気になっているのが、

シンガポールにも、どうやらレコード屋さんがあるみたい。

 

地下鉄に乗っていた時に、チャイナタウンから

白人男性が乗ってきたきたのですが、

レコード下げてたのですよ。

細かくは見えなかったけど、誰かの洋楽の日本盤。

帯がね、日本語で。

 

あれは気になる。

多分、古い洋楽の日本盤とか、

謡曲のとかあるかも…。

次回行ったら、みてみたい。

 

行くために貯金せなな。

 

シンガポール!②ジャパンエキスポ編

2週間前の木曜~土曜まで行ったシンガポール

 

遊びにいったわけではなく、

ジャパンエキスポの見学も兼ねていました。

てか、こっちがメイン!

 

JAPAN PARK SINGAPORE(以下、JPSG)というイベントは、

日本の食、文化、テクノロジー、スポーツ、アニメ、ゲーム、

そして47都道府県を一堂に会したイベントで、今回が

はじめての開催でした。

 

文化のひとつとして、CDショップ大賞が、

ブースを出すことになり、いつもお世話になっている

Y川さんに、ついて行っていいか?と聞いて自腹で

無理くりでも行ってきました。

f:id:YukikoIshii:20180815005226j:image

こちら、CDショップ大賞のブースです。

今回は、賞の中でも「地方賞」にスポットライトを当てて紹介。

また、受賞アーティストの安次嶺希和子さん、戸渡陽太さんの

ライブも行われました。

 

日本にいたら、ジャパンエキスポなんて見る機会ないし、

何よりもブースを出す側でいろいろなものを見ることができる。

それは、行くしかないと思い、お金もスケジュールもカツカツでも

行ってきましたよ。

 

本当にいい経験でした。

 

これまで、シンガポールで開催されていた ジャパンエキスポは、

「食のエキスポ」「アニメのエキスポ」など、

カテゴリー別になっていて、ワンストップで日本を多面的に知るものでは

なかったそうです。

 

複合的なものであれば、例えば北海道に興味があるから遊びに来た人が、

日本の音楽やテクノロジーを知って、そちらにも興味を持ってもらえる

チャンスも出てくるかもしれません。

多角的に知ってもらうと、日本に遊びに来た時に楽しみも増えそうです。

 

地方自治体のうち、数か所がブース出展をし、自分たちの町の魅力を

PRされていました。

また、会場には47都道府県を紹介したパネルも並んでいて、

その土地の魅力を、ダイジェストで知ることができます。

 

FM FUJIのある山梨県のパネルもありました。

f:id:YukikoIshii:20180815010149j:image

 MUST EATは、吉田のうどん。

富士山に行く道中で味わってほしいです。

 

(余談ですが、吉田のうどん、初めて食べたときは、

食べきれなかったのですが、この2年で

ペロリと平らげるようになりました、私)

 

パネルのほかにも、VTRで各都道府県の魅力を紹介していました。

そこでは、ほうとうもしっかりPRされていましたよ。

 

ーーーーーー

さて、CDショップ大賞のブース。

「地方賞」を受賞したアーティストのMVを流していると、

足を止めてくれる方もいました。

 

MVに目が行き、興味を持ってもらうって大事だなと感じました。

シンガポールの大学生くらいの若い方とお話しをしてみると、

やはり、シンガポールにはCDショップはない、とのこと。

そうだよね。なんて思いながら、普段音楽を聴くツールを聞くと、

Spotify」「Youtube」が挙がってきました。

 

日本中にCDショップが存在していること(数は減ってますが)、

そして、インストアライブなども行われていることを話すと、

びっくりしていたのが印象的でした。

 

話をしていて思ったのですが、【ジャケ買い】という意識がないのだな、

ということを感じました。

CDのパッケージが可愛かったりする、ということも、いまいちピンと

来ていない感じもあり。(私の英語のせいだったら、ゴメンですが)

 

そして、CDを必要としないライフスタイルを送っている人たちでも、

渋谷のタワーレコードの存在は、知っていると言っていました。

確かに、最近外国の方、見かけるもんね。

 

きっと、渋谷のシンボル、スクランブル交差点。

そして、そこにそびえ立つ、QFRONTもTSUTAYAで、

CD売っていると言ったら驚くだろうな…なんて思いました。

 

あんな一等地の大きなビルに、CDがたくさん詰まった空間って、

確かにすごいよなー。

 

CDショップの店員が、賞を決めているという話も、

驚いて聞いてくれました。

ーーーーーー

ジャパンエキスポに来てくれる人たちは、

やはり日本が好き、とか興味がある、という人たちなので、

とても興味深く話を聞いてくれたり、

はたまた、それぞれの好きな日本をファッションで魅せてくれる人も

たくさんいました。

 

やっぱり、コスプレしてくる人が多い。 

ピンクとか、パープルのウィッグを付けて、

アニメやゲームのキャラクターになりきっている人。

あとは、コスプレではないけど、

浴衣を着てきている人など。浴衣もみんな上手に着られるのね。

f:id:YukikoIshii:20180815005442j:image

ここは、巨大なショッピングモールと、幕張メッセのような

展示会場がセットになった施設なのです。

 

お手洗いなどで、コスプレ衣装に着替えて、

メイクをしたり、最後の仕上げをしたりしている人が

たくさんいました。みんなとても楽しそう。

 

そして、面白かったのが、どこの国でも撮影会ってあるのね。

コスプレしている人たちの周りを、カメラを持ったひとが

囲んで、コスプレイヤーさんたちは、カメラマンの要望に応えて、

いろんなポーズを決めていました。

 

Cosplay と、もはや英語にもなっているからなぁ。

アニメやゲームの人気や、すきなひとたちの熱量が分かりました。

 

やはり、食も人気。 

f:id:YukikoIshii:20180815010057j:image

ラーメンですよ。

ここのショッピングセンターのテナントにも

日本のラーメン屋さんが入っていましたが、

この会場でも、ラーメン人気がすごい。

 

あとは、ローストビーフ丼を食べていたりと、

日本の食は人気ですね。

それから、日本酒の試飲もされている方もいました。

 

シンガポールという多民族国家だけに、

いろいろな民族の方が、日本のものに興味をもって、

同じものを見て、味わって楽しんでいるのは、

ステキな光景でした。

 

CDショップ大賞のブースでお話をするのも

良い経験でしたし、ジャパンエキスポの様子や、

日本好きな人たちを実際にこの目で見ることができて、

とてもよかったです。

 

来年も参加してみたいなー。

シンガポールのこともたくさん知りたいし、

CDショップ大賞のことも、もっと知ってもらいたいな。

 

英語がんばろう。

うん。

 

本当にいい経験をさせていただきました。

 

 

 

シンガポール!①夜景がキレイ編

フジロックから帰って3日。

一路シンガポールへ向かいました。

珍しくアクティブです。

 

初めてのシンガポール

どんな感じなのか、緊張しましたが、

みんな優しくて、ご飯も美味しくて、

街も綺麗で、ステキなところでした。

f:id:YukikoIshii:20180808170317j:image

 

f:id:YukikoIshii:20180808170428j:image

 

到着後、Clark Quayから船に乗り

夜景を見て、感動。

肉骨茶食べて満足。

 

今回の旅は、ただの観光だけでなく、

週末に行われる、ジャパン エキスポを

見に行くため。

 日本に居たら、絶対に見られないものです。

 

お世話になっている、CDショップ大賞

出展することになったと聞き、

旅したい&珍しいもの見たいと思い、

自腹でついて行きました 笑

 

週末までまだ時間もあるし…

木曜の夜と金曜の午前。

そして土曜の一部は観光に時間を充てました。

 

f:id:YukikoIshii:20180808171313j:image

 

f:id:YukikoIshii:20180808171233j:image

 

それにしても、きれいなところですね。

肉骨茶も美味しかったです。

f:id:YukikoIshii:20180808171107j:image

 

 

 

 

フジロック2018_3

金曜日。

朝、GREEN STAGEに流れる

忌野清志郎さんの「田舎へ行こう」を眺め、

MONGOL800を楽しく見て、

FIELD OF HEAVENに移動。

 

ここで、ラムチョップ食べるのが、

私のフジロックの楽しみの1つでもあるのですが。

f:id:YukikoIshii:20180808164937j:image

ちなみに、この写真撮ってお店並んだら、

真ん前に並んでた人が

知り合いでしたw

 

ここに来た目的は、jizueという

日本のインストバンドを見るため。

 

open.spotify.com

 

実は、ほぼ予備知識なしだったのですが、

行く前にSpotifyで耳にして、とても気に入り

ライブも見ることにしました。

 

4人組のジャズバンドです。

ジャズと言っても、クラブジャズの方ですね。

 

聴いていると、どんどんボルテージが上がってくるのを、感じます。

そんな感じで、炎天下の中で、

歓声をあげながら踊るのが、気持ちよかった。

 

ライブをするアーティストの熱量と

お客さんの熱量がぶつかり合ったり、

溶け合ったり。

 

ゲストボーカルで参加した、

元ちとせさんの歌声が、身体中には染み渡るのも

また印象的でした。

 

クラブジャズと、こぶしが回る歌声。

洋と和ということなるものが混ざり合い、

ボーダレスな音楽を体感しました。

 

金曜日の朝から、ホントに良いもの見たな。

ラムチョップも美味しかったし。

レッドアイも進むし。

 

良い時間でした!

 

 

フジロック2018_2

f:id:YukikoIshii:20180802102131j:image

フジロック

バス降りて、テクテク歩いて

ゲートの前に来ると、

やっぱりテンション上がりますね。

 

みんな楽しそうに写真をとる様子を

見るのが好きです。

 

金曜は、午前中はひとり。

午後から友人たちも続々ときました。

f:id:YukikoIshii:20180802102205j:image

今年は、苗場に移って20年。

高校生の頃かな。

電車の中吊りに、フジロックが出てて、

そのころ、フェスという存在を知らなかったから、

「超知ってる人ばかりが出てる、

これは何だ…??妄想か?」なんて

思っていましたが、

いまやすっかり楽しんでいます。

 

f:id:YukikoIshii:20180802102343j:image

 

グリーンステージは、

開演前は、清志郎さんの「田舎へ行こう!」が

流れ、

スクリーンに去年の楽しそうな雰囲気が

映し出されて、幸せな気分に。

 

雲ひとつない快晴。

グリーンステージから、ホワイトステージに

移動する小径も、今年も可愛い装飾が。

 

f:id:YukikoIshii:20180802103007j:image

 

ゴンちゃん!!

今年も会えて嬉しいな…と、

心の中で、小躍ってました。

 

ライブも勿論だけど、

自然の中をのんびり歩いて、

森林浴ができる。

 

平日である金曜は、週末に比べれば

人出が少ないから、こういう楽しみも

満喫できていいですね!

 

 

フジロック2018_1

今年も行きました、FUJI ROCK FESTIVAL!!

ラジオでも1ヶ月に渡り、

コーナーで魅力をお伝えしてきました。

 

越後湯沢駅を降りると、たくさんの旗が

はためいています。

f:id:YukikoIshii:20180801234900j:image

駅を降りると、町中にもこの旗があり、

とても嬉しくなります。

今年も来た!と心から思い、そして地元の方に、

ありがとうございますー!と言いたくなる感じ。

 

今年は、木曜日の前夜祭から参加しました。

前夜祭は、実は初めて。

 

花火が上がり、盆踊りもありますが、

私が会場についたのは、21時を回ったころ。

元同期が前夜祭から来ていたので、一緒に飲んで

話して、RED MARQUEEからライブに耳を傾けながら、

のんびり過ごしました。


f:id:YukikoIshii:20180801234909j:image

台風の影響がまだない木曜の夜。

月がとても綺麗でした。

 

一緒に飲んでいた元同期たちと別れ

RED MARQUEEでDJを楽しみながら

会場をあとに。
f:id:YukikoIshii:20180801234904j:image

前夜祭と言っても、飲食店が並ぶ

オアシスは人だかりが!!

みんな、思い思いに話をしたり、ライブを見たりと

自由な時間を過ごしていました。

 

宿に帰り、明日からの過酷だけど楽しい日々を

想像し、胸を高鳴らせながら、温泉に…。

 

良い木曜日でした!

月曜担当に変わって1か月

FM FUJI「Yes!Morning」は、4月から
月曜担当になりました。
4月30日で、無事に月曜担当に変わってから
1か月を迎えました。

月曜に慣れたような、
でも、ちょっとまだ曜日の感覚というか、
スケジュールに慣れないような…
そんな1か月でした。

でも、曜日が変わり、心機一転なところもあり、
充実はしていたかな。
1か月が長かった!!

f:id:YukikoIshii:20180502005247j:plain

さて、私が手に持っているのは、
生チョコパイ。
現在、新宿の京王百貨店で期間限定で
売っているものです。

続きを読む